汗の臭い対策サプリ最新版

当サイトは汗臭をはじめ、頭皮や脇など気になる体臭をスカッと消臭する爽臭サプリを紹介しています。どれも厳選されたもののため、消臭力に優れた成分をたっぷり配合しています。どうぞ参考にしてください。

 

臭ピタッ!

臭ピタッ!は、森の爽臭効果を利用し自然素材の有効成分をたっぷり配合したサプリメントです。シソの葉・柿の葉・キダチアロエ・ヒノキの葉・熊笹・松葉など様々な植物の成分を独自ブレンドにより含有しています。

 

さらに業界唯一の独自濃縮を行っているため、飲む量は1日たった1粒のみ!他社のケースだと数粒が多いの中飲む際の負担を減らせます。

 

年中汗かき、エチケット用に、にんにく料理対策などありとあらゆる臭いを消臭したい方におすすめです。

 

 

みやびの爽臭サプリ

みやびの爽臭サプリは、女性に人気の高い消臭サプリメントです。体の内側から嫌な臭いにアプローチするフィトンチッド・シャンピニオン・柿渋エキスなどを豊富に配合しています。

 

フィトンチッドがもたらすリフレッシュ効果、シャンピニオンは悪臭を抑え込む、柿渋エキスは殺菌作用を発揮、それぞれが消臭に効果的に働きかけます。また、シャンピニオンは女性に嬉しい便秘解消に効果も期待できます。

 

みやびの爽臭サプリは当サイトから初回半額に加えお得なプレゼント付です。

 

 

パクチーエナジーゴールド

パクチーエナジーゴールドは、タイの香草として有名なパクチーを利用したサプリメントです。パクチーは臭いの原因となる活性酸素を除去する抗酸化力に長けています

 

パクチーの効果は加齢臭のひどい男性に体臭を消すほど強力なもの。もちろん加齢臭だけでなくお酒を飲んだ翌日の酒臭、口臭、汗臭などもしっかり抑えます

 

今なら当サイトから初回キャンペーンの特別価格で購入できます。

 

 

サプリ以外の汗の臭いを抑える方法は?

 

汗のにおいは残念ながら良いにおいではありません。そこで、汗のにおいを抑える方法をまとめます。

 

制汗剤

 

汗のにおいを抑えるアイテムの定番中の定番・制汗剤。

 

  • スプレー
  • ウォーター
  • ロールオン
  • スティック
  • パウダー
  • シート

 

など形状パターンが色々あります。

 

いずれも、使いやすくて価格が手頃という利点があるので、制汗剤は汗のにおいを抑える対策の第1歩目に最適です。ただし、使い方を間違えると効果が得られません。

 

どれも汗をかく前に使わなければ効果は薄い

 

汗をかいてから使うよりも、汗をかく前に使って予防するのが効果的です。なおかつ、汗をかいたらシートタイプの制汗剤で汗と汗がにおう原因となる雑菌を拭き取り、それからスプレーやスティックといった制汗剤をつけましょう。

 

においが気になるからと言って何種類も重ねづけすると制汗剤のにおいがきつくなったり混ざり合ったりして余計に周囲を不快にしかねないので、要注意です。

 

汗をかかないようにすると……?@

 

汗をかくからにおいになる。ならば、汗が出ないように水分を控えてみてはどうでしょうか。結論を言うと、水分を控えたとしても汗のにおいは予防改善できません。

 

まず、水分補給しなかったら汗をかかないかというと、そんなことはありませんよね。汗の量が少し減るかもしれませんが、汗がまったく出ないということはないはずです。

 

そして、体内の水分が不足した状態で汗をかくと、汗の成分が濃くなり、逆ににおいがきつくなってしまいます。水分不足は熱中症のリスクが高まりますし、水分をちゃんと補給して汗の成分を濃くしてしまわないほうが汗のにおいをよほど抑えられます。

 

汗をかかないようにすると……?A

 

汗をかくからにおいになる、と言っても、普段から汗をかかないでいると汗をかいた時にもっと強いにおいになります。全身に存在する汗腺・エクリン腺から出る汗は体温調整という重要な役目を担っています。

 

ところが、エアコンの効いた部屋にいるのがあたりまえなど汗をかかない生活をしていると、体温を調整する機会を失ったエクリン汗腺の機能が低下します。

 

そうなると、通常はサラサラしているエクリン腺から出る汗がベタベタした汗になります。ベタベタした汗はサラサラした汗よりも汗くささが増します。

 

それと、日常的に汗と共に体内の老廃物を排出しないと汗腺に老廃物が詰まり、汗をかいた際に老廃物が汗と一緒に流れ出てにおいが強くなります。

 

汗をかかないことは根本的な対策ではなく、むしろ、適度に意図的に汗をかく習慣をつけたほうが汗のにおいを抑えられるんですね。

 

汗の臭いの原因とは?

 

「汗くさい」という言葉があることからわかるように、汗はにおいのもととなります。汗がにおうのは男性ばかりではなく女性もですから、男性でも女性でも汗のにおいをケアすることはエチケットの範囲内だと言っていいでしょう。ところで、汗は実は無臭だと知っていましたか?

 

汗はどこから出るのか

 

汗は汗腺(かんせん)という場所から分泌されます。
汗腺には、

 

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

 

という2種があり、それぞれに特徴があります。

 

エクリン腺とアポクリン腺

 

エクリン腺は全身に存在します。そして、エクリン腺が分泌する汗は基本的には無臭です。意外に思えるかもしれませんが、においがないんですね。それと、エクリン腺から分泌される汗は体温調整という重要な役目を担っています。

 

対して、アポクリン腺は脇の下、外耳、下腹部などに集中しています。汗というと透明なイメージがありますよね。

 

エクリン腺から分泌される汗は確かに透明なのですが、アポクリン腺から分泌される汗はよく見るとにごっています。このにごりはたんぱく質を含んでいるからです。

 

アポクリン腺から出る汗が汗のにおいの原因……と思いきや、そうではありません。汗に、何かが加わったり増えたりすることで汗はにおいを持ちます。

 

汗そのものではなく菌がにおいの原因

 

汗は、分泌された直後は汗単体です。が、時間が経過するごとに、汗に皮脂や皮膚の表面の汚れが加わり、汗プラスアルファの状態になります。

 

さて、皮膚の上には常在菌が存在しています。読んで字のごとく常に存在している菌であり、人間の誰しもが常在菌と共存しています。無害な菌だと言えます。

 

ただ、無害でも、皮膚の上の汗プラスアルファを分解する際ににおいを持つ物質を生成します。これが汗のにおいの原因です。

 

つまり、汗のにおいの原因は「汗そのものではなく汗をきっかけに増殖した菌」ということであり、菌の発生を抑えることで汗くささはある程度予防改善できると考えられます。