頭の汗のにおいの原因と対策

頭の汗のにおいが気になるという人は意外に多いです。そんなのは自分だけなんじゃ……と悲観せず、頭の汗のにおいの原因を知って、対策をしてみてください。

 

シャンプーを間違えると頭の汗のにおいになる

 

頭の汗のにおいの原因でもっとも多いのが、「シャンプーのしかたが間違っている」ことです。シャンプーを日本語にすると洗髪剤であり、髪を洗うための物=シャンプーということになります。がしかし、髪だけを洗っていると頭に汗をかいた時ににおいが発生します。なぜなら、頭皮に汚れが残っているからです。

 

ただでさえ頭皮は皮脂腺が多くて皮脂と汗が混ざりやすいのに、頭皮を汚れが残っているとよけいににおいやすくなります。

 

@シャンプー前にブラッシングをして頭皮の汚れを浮かす
A髪の毛だけでなく頭皮も洗う
Bシャンプー類が残らないようにしっかりすすぐ

 

これが正しいシャンプーのしかたです。最近では頭皮ケアできるシャンプーことスカルプシャンプーの種類が増えているので、それらを使ってみても良いでしょう。

 

あとは、リンス・コンディショナー・トリートメントは頭皮に残りやすいため、なるべく頭皮につけずに髪の毛だけにつけるように心掛けてみてください。

 

きちんと乾かさないと頭の汗のにおいになる

 

そんなことが頭の汗のにおいの原因に?と思うようなことも原因になっています。それは、「きちんと乾かしていない」ことです。

 

風呂上がりや夏場にドライヤーを使用するとそれだけでもう汗が噴き出てきますよね。男性や髪の短い女性はドライヤーを使わないという人も多いことでしょう。夏場だけ使わないという人もいるかもしれません。

 

ところが、髪の毛と頭皮をきちんと乾かさないと頭皮が蒸れ、汗をかきやすくなり、頭の汗のにおいがきつくなってしまうのです。

 

ドライヤーで乾かしたあとに出る汗よりも乾かさないで蒸れた時に出る汗のほうがにおう、ということなんですね。きちんと乾かす習慣をつけてみてください。

 

脂漏性皮膚炎という可能性

 

脂漏性皮膚炎が原因で頭の汗のにおいがきつくなっているケースもあります。脂漏性皮膚炎とは、カビの一種が原因で引き起こされる皮膚の炎症です。これが頭皮に起こると、かゆみ、頭皮の赤み、フケなどの症状が出ます。そして、頭の汗のにおいがきつくなります。

 

特にフケが多くなるので、正しいシャンプーをして髪&頭皮をきちんと乾かしても頭の汗のにおいが改善しない上にフケが出ているなら脂漏性皮膚炎を疑い、皮膚科を受診してみてください。