強烈な汗のにおいは病気のサイン?

汗くさいと、自分の汗でも他人の汗でも「ああ、汗くさいな」と感じるものです。が、あまりにも汗のにおいが強烈ならば、それは単なる汗くささではないかもしれません。

 

強烈な汗のにおいと言えばわきが

 

強烈な汗のにおいと言えば、腋臭症(えきしゅうしょう)、すなわち、わきがを思い浮かべる人も多いと思われます。

 

汗腺が汗を分泌し、その汗に反応した常在菌が汗を分解しようとし、分解時ににおいを持つ物質が発生。したがって、誰でも汗くさくなります。

 

が、わきがの場合、単なる汗くささではなくなります。

 

脇の下は、

 

  • くぼんだ形状をしているために汗が溜まりやすい
  • 脇の毛を処理していないと常在菌が増加しやすくなる

 

ということで特ににおいやすい場所ではあるのですが、それを差し引いてもにおいが強い場合、汗腺が2種集中している可能性が高いです。

 

具体的には、全身に存在するエクリン腺だけでなく、有無に個人差のあるアポクリン腺と呼ばれる汗腺が脇の下にあると、エクリン腺とアポクリン腺から分泌された汗が混ざった上に皮脂などが加わり、その分解時にわきが特有のにおい物質が生成され、わきが特有の強いにおいを発します。

 

もっとも、わきがは病気というよりも体質のひとつだと考えられています。

 

汗がアンモニアくさい場合

 

汗くさい、というよりも、汗がくさい。
そういうケースもあります。

 

例えば、アンモニア臭。
いわゆるおしっこのにおいです。

 

健康な人でもごく少量のアンモニア臭がすることがあり、健康を害している場合はアンモニア臭がよりいっそうきつくなります。

 

鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血では、鉄が不足することで鉄が運ぶ酸素も不足し、乳酸という物質が生じます。

 

乳酸はアンモニアと一緒になって汗から排出されます。ゆえに、アンモニア臭が汗からただようようになります。

 

また、肝臓や腎臓に疾患が起きている場合もアンモニア臭がします。汗のにおいは病気のサインかもしれないということですね。

 

汗のにおい?体臭?

 

汗のにおいなのか。
体臭なのか。

 

わからないけれど強烈ににおう、ということであれば、以下のケースが考えられます。

 

  • 甘いような甘酸っぱいようなにおい→糖尿病
  • たまごの腐敗臭のようなにおい→便秘など腸内環境の悪化

 

体内にあるにおいが汗腺から体外へ出ることによって汗のにおいになっている、あるいは、汗といっしょににおっているというわけです。

 

いずれにせよ、汗のにおいが急にきつくなった場合は要注意。病気のサインを見逃さないようにしてください。