汗のにおい対策の食べ物

食生活は汗のにおいに関わりがあります。食生活の乱れは汗のにおいをきつくし、逆に、食べる物次第で汗のにおい対策ができます。

 

汗のにおい対策になる食べ物をまとめますので、参考にしてください。

 

ビタミンA&E

 

ビタミンAとEにはにおいを抑制する効果があると言われています。

 

とはいえ、ビタミンAもしくはEのサプリメントを飲めば汗のにおいが消えるのかというと、それは違います。サプリメントからではなく食品から意識して摂取することが大切です。

 

ビタミンAを豊富に含んでいるのは、

 

  • にんじん
  • モロヘイヤ
  • ほうれん草

 

ビタミンEを豊富に含んでいるのは、

 

  • かぼちゃ
  • アスパラガス
  • アーモンド

 

です。

 

特に、ビタミンEは抗酸化作用と言って体が少しずつ酸化していくのを防ぐ作用があり、そういう意味でも積極的に摂取したい栄養です。

 

大豆製品

 

大豆製品は汗のにおい対策として優秀な食べ物です。

 

大豆に含まれている代表的な成分、イソフラボン。イソフラボンは女性ホルモンによく似ていることが有名ですが、発汗を調整する効果もあります。

 

汗をかき過ぎているなら普通の状態に。
汗をかけていないなら適度にかくように。
整えてくれるということです。

 

汗はかき過ぎてもかかな過ぎても汗くささがきつくなりますから、適度に汗をかくことは重要です。イソフラボンの持つ発汗調整作用は汗をかく人にもかかない人にも有効な点が嬉しいですね。

 

肉はにおいをきつくする

 

食べることでにおい対策になる食べ物があれば、食べることでにおいを悪化させてしまう食べ物もあります。

 

肉を食べると体臭や便臭がきつくなると言いますが、汗のにおいも同じです。肉よりは魚、魚よりは野菜を食べたほうが汗のにおい対策になります。

 

どうしても肉が食べたい時は鶏肉にしてみてください。

 

鶏肉はビタミンAが豊富に含まれています。既述の通り、ビタミンAにはにおいを抑制する効果がありますので、牛肉や豚肉を食べるよりは汗のにおい対策になるでしょう。