わきがとの境界線はどこ?

汗のにおいとわきがのにおいは紙一重です。
では、その境界線はどこなのでしょうか?

 

脇の下のにおい=わきが?

 

そもそも、わきがとはどういうものなのでしょうか。脇の下がにおうのはすべてわきがなのでしょうか。脇の下がにおったとしても、即わきがだと判断はできません。

 

汗は多かれ少なかれにおうものです。汗自体ににおいはないものの、汗と皮脂などが混ざり合い、それを機に皮膚上の常在菌が増え、増加した常在菌が汗などを分解する際ににおい物質が作られるからです。

 

脇の下は汗をかきやすい

 

脇の下は汗をかきやすい場所であり、汗くさくなりやすい場所でもあります。となると、脇の下のにおいは汗のにおいの可能性もありますね。

 

実際、わきがだと思い込んでいたら実は汗くさいだけだったというケースは多々あります。しかしながら、汗くささとわきがのにおいは似て非なる物です。というのも、わきがの人は、脇の下に汗腺が2種あるからです。

 

アポクリン腺の有無

 

汗を分泌する汗腺は、エクリン腺とアポクリン腺の2種。ただし、エクリン腺が全身にあるのに対して、アポクリン腺は脇の下や耳やデリケートゾーンなど部分的にしかありません。また、アポクリン腺の有無や量には個人差があります。

 

  • 脇の下にエクリン腺のみ:わきがではない
  • 脇の下にエクリン腺+アポクリン腺:わきが

 

ということです。さらに、アポクリン腺が分泌する汗はたんぱく質を含んでいてエクリン腺の汗とは異なります。

 

  • エクリン腺の汗+皮脂など+常在菌=汗くさいにおい
  • エクリン腺の汗+アポクリン腺の汗+皮脂など+常在菌=わきがのにおい

 

ということで、汗のにおいとわきがとの境界線は、アポクリン腺の有無です。